1. ホーム >
  2. お問い合わせ

お問い合わせ

不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせの前に...

お電話でのお問い合わせ

フリーダイアルでオペレータがご対応いたします。

メールフォームからのお問い合わせ

迅速にご回答しております。

お問い合わせの前に下記のよくあるご質問もご確認ください

申込みの手順はどうしたらいいですか?
お気に入りの教習所、そして入校日がお決まりになりましたら『入校ご予約』ページのフォームからお申込みください。お申込み手続きが完了しましたら改めてお申込みに関する詳細のご案内(ご説明と資料送付)を致します。
記載されている料金には何が含まれていますか?
HPに記載されています料金下記が含まれています。 ・入学金
・教習料金
・検定料
・宿泊代
・食事代
・交通費等
合宿における費用全般をパック料金とさせていただいておりますが一部保証内容については教習所ごとで設定の違いがございますので詳細はご確認ください。
追加費用はどのくらいかかりますか?
卒業まで保証コースですので、教習補習費や再検定費さらに延泊費など弊社では卒業まで追加料金がかかりません。しかし一部、教習所や車種によって異なりますので詳しくは各教習所別の料金詳細ページをご覧頂くか、お気軽にお尋ねください。
※ただし、卒業までの保証コースでもお客様のご都合により教習が延期となった場合は追加料金を頂く場合があります。
入金はいつ頃すれば良いですか?
原則としてご入校の10日前(繁忙期は1ヶ月前)までにご入金をお願いしています。ただしお申込みが入校10日前を過ぎている場合は、必ず入校の前日までにはお振込ください。ご入金が確認できない場合、自動的に入校をキャンセルさせていただく場合がございます。
入校する時に必要なものは何でしょうか?
入校の際には下記のものが必要となります。
(1)本籍地記載の住民票 (免許証をお持ちの方は不要です。外国人の方は外国人登録証が必要です。)
(2)印鑑(シャチハタは不可です)
(3)本人確認の身分証明として、健康保険証、パスポート、住民記帳台帳カードのいずれかひとつ。それ以外には日常生活に必要なもの(筆記用具・着替え・洗面用具など)健康管理についてケガや病気の際に念のため健康保険証をお持ちください。
予約後の入校日の変更はできますでしょうか?
はい可能です。ですが変更希望日が満員の場合がございますので入校日の変更可能な日に限ります。ただし二度目以降の変更はキャンセル料と同様の対象となります。変更につきましてはできるだけ早くご連絡くださいますようお願いいたします。
入校のキャンセルは可能ですか?
事前にやむをえない理由の場合、入校のキャンセルは可能です。その際、規約に基づき取り消し手数料(キャンセル料)を頂戴します。詳しくは『お申し込み規約』をご確認ください。また、入校のキャンセルをご希望の場合はできるだけ早く弊社までご連絡くださいますようお願いします。
同時に複数の車種の教習をお申込みできますか?
はい可能です。ですが教習所によって取扱いしていない車種もあります。大型車、大型特殊車、けん引の場合は入校資格にも制限がありますのでご注意ください。
AT免許とMT免許の違いはなんですか?
AT免許とは、クラッチやシフトを使った操作などが無く、アクセルやブレーキ操作によって自動的にギアのチェンジを行ってくれます。ですのでMT免許で運転するにはクラッチ操作によるチェンジ機能などの習得をしなくてはなりません。AT免許ではAT車限定になりますが、MT免許を持っていれば、MT車もAT車もどちらも運転できます。
ローンでのお申込みはできますか?
はい可能です。分割払いをご希望の場合は弊社指定の運転免許クレジットの申込用紙をお送りいたしますのでそちらをご利用ください。申し込み用紙を返送していただいた後、ローン会社による審査をいたします。なお、審査結果によりローンの利用ができない場合は現金でのご入校もしくは入校お取り止めとなります。
普通車を取りたいんだけど年齢がまだ達していなくても入校できますか?
原則として資格年齢に達してからの入校となります。
・普通車 満18歳より
・普通自動二輪 満16歳より
・大型自動車 満20歳より(普通車歴2年以上必要)
合宿で免許を取る場合、事前に住所変更が必要ですか?
必要ありません。教習所を卒業後、卒業証明書を持って管轄する運転免許試験場で学科試験を受けてください。卒業証明書は1年間有効です。
友達と一緒に入校したいのですが?
A:同時にご予約の際はお友達の詳細(名前・住所・生年月日・連絡先・既得免許等)を確認しておいてください。インターネットからは「入校ご予約」フォームにお友達のお名前・住所・電話番号など別途記入する欄がございますのでそちらにご記入ください。
免許取消期間中の入校は可能ですか?
運転免許取消処分を受けた場合、欠格期間(免許取得ができない期間)を過ぎていないとご入校頂けません。また運転免許センターにて証明書類の『受験回答書』を持参していただきく必要があります。
途中で一時帰宅はできますか?
基本的には宿泊や教習のスケジュールがありますので卒業まで従事していたさきます。ただしやむを得ない理由に限り一時帰宅は可能です。その際は事前に教習所にて一時帰宅の手続きを行ってください。
お金はどれくらい持っていけばいいですか?
基本的に食事(朝・昼・晩)の三食は付いています。それ以外で買い物等されることもあると思いますので大きなお金は必要ないかと思います。また足りなくなった場合は教習所や宿泊施設周辺に金融機関もございますのでそちらをご利用下さい。
冬には雪によって教習に影響がありますか?
冬ですので地域によっては雪が降る場合もございます。除雪等の整備も行っていますので教習に影響を与えることはほとんどありません。しかし度重なる大雪が原因で天災により危険とみなす時には教習に影響がある場合もございます。その際は教習所側の支持に応対してください。
台風によって教習に影響ありますか?
あくまでも天災の際は危険とみなし教習をストップする場合がございます。その際は教習所側の判断に応対してください。
教習が入っていない時間など宿舎に戻ることはできますか?
教習所によって宿泊施設の規則が違いますが、規則上可能であれば宿舎に戻れます。掃除の為など時間の規定があることもございます。
2007年6月改正後の普通車免許の範囲はどう変わりますか?
車両総重量5t未満、最大積載量3t未満、乗車定員10人以下となります。
2007年6月改正後の大型自動車免許の範囲はどう変わりますか?
総重量11t以上、最大積載量6.5t以上、乗車定員30人以上の乗り物となります。
2007年6月改正後に新設された中型自動車免許とはどういう乗り物ですか?
車両総重量5t以上11t未満、最大積載量3t以上6.5t未満、乗車定員11人以上29人以下の乗り物となります。
中型自動車免許は何歳から取得できますか?
年齢20才以上、普通免許または大型特殊自動車免許の経験年数2年以上ある方が対象となります。
大型自動車免許は何歳から取得できますか?
年齢21才以上、普通免許または大型特殊自動車免許の経験年数3年以上ある方が対象となります。
2007年6月改正後に「中型自動車8t限定免許」を新たに取得することはできますか?
この免許は法改正前の普通免許に対する移行措置のため、法改正後新たに取得することはできません。
免許はどういった流れで取得できますか?
お申込みから卒業までの流れをご確認ください。

お電話でのお問い合わせ

直接お電話でのご希望の方はフリーダイヤル0120-673-667のお客様センターまでお電話ください。当社オペレーターが対応させていただきます。

お問い合わせフォーム

お気軽にお問合わせ内容を下記のフォームへご記入ください。
ご質問いただきました内容をお調べいたしまして、早急にEメールにてにてご回答させていただきます。


できるだけPC用のアドレスをご入力下さい。
携帯電話のアドレスでご登録いただく場合は「迷惑メール対策」などフィルタリング設定をオフにしてください。

メールアドレスが間違っている場合、事務局からの重要な返答が届かないことがあります。必ず正しいメールアドレスをご記入ください。

 

    

このサイトを友達に知らせる
LINEで送る
メールで送る

免許合宿ご予約